血圧を下げるサプリ「イマークS」の効果と成分

capsule-1542682_640

イマークSの有効成分の働き

血圧を下げるサプリとして知られるイマークSには、青魚の油に多いDHAとEPAが豊富に含まれ、血中で多くなった中性脂肪を下げる効果を有しています。EPAは600mgの分量で、DHAは260mgの配合となっていますから、血液をサラサラにさせるための効果は相乗的に働きます。これらの有効成分は酸化にも強くなっているため、体の中へ確実に吸収させることができます。青魚と共通する栄養が含まれていますが、風味に生臭さは全くなく、爽やかな美味しさが醸し出されていますから、魚が苦手な人にも向いています。

血圧を下げるサプリのイマークSを必要とする人

イマークSが血圧を下げるサプリですから、食生活が不規則な人にとっては、特に有用になります。毎晩のようにお酒を飲んだり、脂肪分が過多な肉料理を好む人が使う場合でも、優れた効果を実感できます。運動習慣が長続きしない場合や、間食の量が多くなってしまうときにも、強力にサポートしてくれます。DHAとEPAは、体全体の血液を健康にして、記憶力を高めるためにも欠かせない成分です。食事から全てを摂取しようとしても、無理が出てくるのが普通です。イマークSを使っていれば、不規則な食事が調整されて、健康維持の負担を大幅に軽減できます。

血圧を下げるサプリ「三黒の美酢」の効果と成分

食事の一環として習慣となるように

血圧はある程度高い状態であっても自覚症状があまり無いといわれています。健康診断などで血圧が高めだと指摘された時には、普段の食事や運動の見直しをするのは最も大切なことですが、血圧を下げるサプリとして三黒の美酢を利用することはおすすめです。血圧が高い状態を放置しておくと、脳疾患や心疾患などという病期になるリスクがとても高くなってしまいます。医薬品ではない三黒の美酢を血圧を下げるサプリとして毎日の生活の中に習慣として利用していくことが効果的で、正常値を保ちながら病気のリスクを下げるようになります。

三黒の美酢は成分から見ても

血圧を下げるサプリとして利用されている三黒の美酢は黒酢もろみ、発酵黒にんにく、黒卵黄油よりつけられたネーミングです。血圧が高くなるのを改善するには血液の流れを良くするのが黒にんにくにある成分です。血流が良いと血栓ができにくくなり血圧を下げる効果や、いろいろな病気の元ともいえる動脈硬化の予防にもなります。黒酢に含まれている成分の酢酸には血管を拡張させて血流を良くしてくれる働きや、抗酸化作用があり、それが健康な体を作っていくときに必要な活性酸素を適量に調整させることや、血圧の改善にも効果的だといえるのです。

知っておくべき!高血圧と病気の関係

動脈硬化を引き起こす

高血圧を放置していると、動脈硬化をひき起きします。動脈硬化になると、人間の命を奪う心筋梗塞や脳梗塞のような病気が起こりやすくなります。高血圧自体は病気とは言い難い面があるのですが、高血圧によって血管の状態が悪くなって、病気が起こりやすくなります。血圧が高い状態が続くと、それに耐えるために血管の壁が厚くなります。厚くなると血の流れが悪くなってしまいます。またコレステロールなどの脂質が溜まりやすくなります。壁が厚くなり、脂質が溜まると血液の流れはさらに悪くなります。これが繰り返されることで、血管の状態はさらに悪化します。

死に至る深刻な病を防ぐ

高血圧が原因で起こる心筋梗塞も脳梗塞も深刻な病です。この二つが原因で命を落とす人の数は多いです。たとえ命を取りとめても、重い後遺症が残る場合があります。高血圧になっても、すぐに症状が出るわけはありません。少しずつ血管の状態が悪化して、心筋梗塞や脳梗塞が起こります。健康診断で血圧が高いことを指摘されたら、自分のライフスタイルを見直しましょう。特に塩分を取り過ぎないようにすることが重要です。日本人は一般に濃い味が好きですが、食事に使う塩分の量を減らすことが必要になります。一気に減らすと味が悪くなるので、少しずつ減らします。

食事だけで補えない栄養はサプリメントで摂取!高血圧を効果的に改善する方法

カリウムで血圧を安定化

高血圧は年配の人に多くみられる症状です。
これは長年の生活習慣の乱れやストレスなど様々な問題が蓄積して血液の質を下げてしまう事によって起こっている場合もあり、早めの改善が必要になります。
血中に塩分が多いとさらに血液が安定的に流れるのを阻止してしまいますから高血圧などを起こしやすくなります。
こうした血液中の塩分を取り除いてくれるのがカリウムで、酸化を防止する事にもつながります。
カリウムのみのサプリメントもありますし、それを混合させたものもありますから食事と合わせて積極的に摂取していきましょう。

タウリンの摂取で血圧調整

血圧が上昇する原因は食べ物ばかりではなく、ストレスなどの環境問題もあります。
ストレスが溜まると交感神経の働きが強くなり、寝ている時でもこの神経が働いてしまう事があります。
しかし、交感神経が働いている時は排出能力が低くなりがちで、結果的に高血圧に繋がっていくという事が考えられます。
こうした自律神経のバランスを整えるのがタウリンです。
食事で摂取するには、貝類や魚介類が良いですが、普段の食事でたくさん摂れるものでもありません。
タウリンもサプリメントで摂取出来ますから、上手く活用するのも良いでしょう。

高血圧を改善!!健康に生活するための心得

インスリンとの関係性

体内に糖分が溜まり血糖値が上昇するとそれを抑えるためにインスリンが分泌されます。
血糖値を安定化させるためには必要な成分ですが、このインスリンがあまり多く分泌されると血圧を高めてしまう事があり、それが続くと高血圧になり兼ねません。
この仕組みから考えれば血糖値を下げる食事を心がける事によって高血圧の予防になります。
具体的には糖分を抑える事が大切で、日本人の主食となっている米にも糖分は含まれていますから食べ過ぎに注意が必要です。
さらに、当然アルコールの過剰摂取も避ける必要があります。

気温の変化に目を向ける

寒さの厳しい時期に急に温かい場所に行ったり、逆に暑い時期に急に身体を冷やしたりというような温度変化を与えるとそれが刺激となって高血圧などの症状が出やすくなります
これは皮膚で感じる温度に限らず、食事で食べる物の温度にも関係してきます。
温かい時期には冷たいビールをお供にして食事をする人も多いですが、これも急な温度変化に繋がりますから避ける必要があります。
寒い時期に温かいものを食べるのは血流の安定化に繋がりますから問題はありませんが、やはり夏場の食生活には目を向けておく必要があるでしょう。